じぶん銀行カードローンの返済ルールを解説

 

ここでは、じぶん銀行カードローンの返済ルールの詳細をまとめていきます。

 

 

毎月の返済金額は

 

これは、契約期間によって内容が人それぞれ違います。

 

まずは、約定返済額を見てみましょう。

 

約定が更新されたため、2014年9月16日以前に契約された方は、返済額を減らせる事が可能になりました。

 

詳しくは窓口に電話してお問い合わせください。

 

じぶん銀行ローンセンター  0120-926-222
受付時間    平日  9:00〜20:00
        土日祝日 9:00〜17:00

 

返済は金利で決まる!?

 

じぶん銀行カードローンの毎月の返済額は、金利によって決まります。

 

金利は限度額が高くなるにつれて低くなります。

 

つまり、多く借りれば借りるほど毎月の返済額は少なくなるということです。

 

@限度額ごとの金利
借入額が多いほど毎月の返済額が少なくなります。

限度額10万〜90万円 13%〜17.5%
限度額100万〜190万円 9%〜13%
限度額200万〜900万円 2.4%〜9%

 

 

A借入額ごとの返済額一覧

利率9%以下 利率13%以下 利率13%超
10万円以下 1,000円

1,500円

2,000円
10万超〜20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万超〜30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万超以降10万円増すごとに +1,000円 +1,500円 +2,000円

 

 

このように借入額が高ければ高いほど毎月の返済金額は少なくなります。

 

ただし利息が多いことは変わらないので気を付けましょう。

 

 

 

じぶん銀行カードローンの返済ルールに関する詳細

じぶん銀行カードローン


返済シミュレーション


お金を借りるときによく、いくら必要だ、いくら貸してもらえるの、といったことを考えがちですが、一番重要なのは返せるかどうかです。決められた日までにきっちり返済することが求められているのです。借入をする前にまずは返済シュミレーションをして計画を立てるようにしましょう。

 

 

じぶん銀行 カードローンの返済額を変更したい場合

 

◇「返済内容の変更」
まとまったお金が入ったので多めに返済したい、一気に全額返済したい、という場合は、スマートフォン、パソコン、ケータイから会員ページにログイン後、[各種お手続き]から申し込むか、ローンセンターへ電話して申し込みましょう。

 

◇「返済期日、返済サイクルを変更」
返済サイクルを変更するにはまず、現時点までに発生した利息を清算する必要があります。申し込み方法は上記と同じく、インターネットか電話からになります。

 

 

 

じぶん銀行カードローンの返済の期間は?方法は?

 

じぶん銀行カードローンはコンビニで簡単に返済できます。

 

返済方法は主にこの2つになります。
・ATM
・自動支払い※じぶん銀行口座を所持している方が選べる返済方法

 

順を追ってご紹介しましょう。

 

●ATMでの返済方法

 

ATMを利用して返済する場合、2つの返済プランがあります。
「35日ごと返済」または「期日指定返済」です。

 

[35日ごと返済の場合]
前回ご返済日の翌日から数えて、35日目が期限となり、期限以内にいつでも返済できます。
返済が完了すると、その翌日からまた35日後が次回のご返済期限となるプランです。

 

[期日指定返済の場合]
希望する日にちを、毎月の返済日として指定し、返済をするプランです。

 

利用時間、回数ににかかわらず「手数料無料」
無理なく返済できます、「最小ご返済金額1000円」(硬貨対応しているATMの場合は1円)
24時間365日いつでも利用できます。

 

 

[三菱UFJ銀行]
@トップ画面の「お預け入れ」ボタンを押す。
Aローンカードを挿入し、 現金を投入。
B預入金額(返済金額)を確認。
⇒以降は画面の指示に従って操作。

 

[セブン銀行]
@ローンカードを挿入し、トップ画面の「カードローン」ボタンを押す。
A「ご返済」ボタンを押し、現金を投入。
B預入金額(返済金額)を確認。
⇒以降は画面の指示に従って操作。

 

[イーネット銀行]
@トップ画面の「取引開始」ボタンを押し、ローンカードを挿入。
A「カードローン」→「ご返済」→「確認」ボタンを押し、現金を投入。
B金額(返済金額)を確認。
⇒以降は画面の指示に従って操作。

 

[ローソンATM]
@トップ画面の「取引開始」ボタンを押し、ローンカードを挿入。
A「カードローン」→「ご返済」→「確認」ボタンを押し、現金を投入。
B金額(返済金額)を確認。
⇒以降は画面の指示に従って操作。

 

[ゆうちょ銀行]
@トップ画面の「お預入れ」ボタンを押し、ローンカードを挿入。
A「提携金融機関カード」ボタンを押す。現金を投入。
B預入金額(返済金額)を確認。
⇒以降は画面の指示に従って操作。

 

※システムメンテナンスを除く
毎週月曜日1:00〜5:00
毎週第2土曜日21:00〜翌日7:00
提携ATMの営業時間や設置場所が異なる場合があります。

 

 

●自動支払いでの返済方法(振込での返済

 

自動支払いを利用して返済する場合、[期日指定返済]の利用となります。

 

[期日指定返済]
希望する日にちを、毎月の返済日として指定し、返済をするプラン。

 

じぶん銀行口座をお持ちの方は、毎月の返済日に、
ご本人さま名義の円普通預金口座からの自動支払いにより返済できます。

 

返済日は自由に設定が出来ます。
最小ご返済金額1円から。

 

それとはべつに、定額自動入金サービスを利用して返済する場合のプランもあります。

 

[定額自動入金サービス]
他行口座から手数料0で資金を取り寄せることも出来ます。
利用金額10000万円以上〜1000円単位、利用条件一日5件まで。
毎月6日または26日に引き落とし。

 

利用可能な金融機関
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
新生銀行
信用銀行
労働銀行

 

じぶん銀行 カードローンは一括返済はできるのか?そのメリットとは?

 

じぶん銀行カードローンの金利は安く、毎月の最低返済額がかなり低く設定されています。

 

しかし、毎月返済する金額が少なければ少ないほど、完済するまでに時間がかかり、無駄に多くの利子を払わなければいけません。

 

ならば余裕があるときに多めの返済、一括返済をすれば負担をかなり減らせるのでは?と考えますよね。

 

結論から言いますと、じぶん銀行カードローンは「一括返済」が可能な金融機関です。

 

もともとじぶん銀行カードローンの提携ATMでは、余裕があるときに「追加返済」が出来ます。

 

さらに返済したい、「一括返済」したい場合は窓口に電話をかける必要があります。

 

返済が早くなれば、払う利子が少なくなるのはもちろん、信用実績にもなります。

 

「完済出来た」ということは、金融会社にとって最も信頼できる実績になりますから、また融資を受ける際に、この人は「完済した実績がある」「返済する能力がある」とみなされ、低い金利でもっと多くの金額を融資してもらえる可能性に繋がるのです。

 

なので、早期返済は、お金を借り入れする人にとって大きなメリットになります。

 

早期返済で完済を目指すのがよいでしょう。

 

 

じぶん銀行カードローンの返済延滞、支払えないと……

 

 

じぶん銀行カードローンの返済ルールに関する詳細

先ほども触れましたが、じぶん銀行カードローンは金利が安く、毎月の最低返済額がかなり低いです。

 

そのこともあり、つい借りすぎてしまう、という人も少なくないでしょう。

 

返済が困難になったり、延滞してしまったらどうなるか?返済ができないとどうなってしまうのか?

 

じぶん銀行カードローンの延滞をしてしまうと、追加の借入れができなくなります。

 

さらに返済後も追加の借入れができなくなる可能性があります。

 

また、返済期日から延滞した日数分の遅延損害金が加算され、約定返済額の合計額以上の金額を支払わないといけなくなります。

 

【遅延損害金の計算方法】
〔借入金額〕×〔遅延損害金年率〕÷〔365日〕×〔各回の返済期日後の経過日数〕

 

例)
10万円を借りたとして、返済期日7日経過で3800円加算
14日経過で7600円加算され
30日経過で16400円加算されます...

 

ご利用は計画的に

 

お金を借りて滞納すると、借りたお金とその利息、それから更に余分に金を支払わねばいけなくなります。

 

滞納金とは、定められた期限を過ぎても「納めていないお金」。
延滞金とは、滞納に対して、金銭的債務で返済がとどこおった場合に発生する「追加料金」。

 

つまりお金を滞納することによって、
払わなくていけない「借りたお金」+「本来の金利」+「追加の料金(延滞金)」を支払わなくてはいけなくなります。

 

 

お金を借りる上で最も注意しなければならないことは、返済プランを立てることです。

 

一歩間違えれば負債の無限ループに陥ってしまいます。

 

そうしたらもう二度と抜け出せないかもしれません。

 

自分の現在の返済能力や契約内容と相談した上で、計画的に利用することが大事です。

 

 

じぶん銀行カードローンの審査・在籍確認のトップページへ戻る